中国語の勉強を始めたきっかけは何だったのか、あらためて記事にしてみる

みなさんは、どのように興味をもってどんなきっかけで中国語を勉強し始めましたか?私が中国語を勉強し始めたのは、今から5年ほど前のことです。福岡で無料の市民講座があると聞き、応募しました。その講座は人気があり、抽選だったのですが入ることができ、中級まで結局2年ほど通いました。仕事に必要だったわけでもなく、何となく流れに乗って勉強し始めた気がしますが、それなりに理由があったんだと思い記事にしてみました。

友達とのコミュニケーションのため

韓国語を忘れてしまったクラスメイトのために

韓国に語学留学していた時、特に仲良くしていたスペイン人の友達がいました。彼は、年齢不詳で今でも歳を教えてくれないという徹底した秘密主義なのですが、なぜかとても気が合いよく一緒に遊んでいました。

日本に帰った後も、時々メールで連絡をしていました。もちろん、私たちの共通語の韓国語で。しかし月日が経つにつれ、韓国語はすっかり忘れてしまったと、突然英語でメールが来るようになりました。悲しいことに私の英語力では、元気?どうしてる?の繰り返しで、なかなか返事を書くのも億劫で疎遠になっていきました。

しかしある時からなぜか中国語でやり取りするようになりました。といっても、私は中国語ができないので漢字の羅列で、それでも英語よりコミュニケーションが取れるように。彼は中国人の奥さんと結婚し、中国で暮らし始めて、知らないうちに中国語がペラペラになっていたのでした。

旅行中に友達になった台湾人と連絡するために

日本語教室で知り合った友達に会いに、台湾に行ったときに日本語のできない台湾人と友達になりました。台湾に行くと、友達の友達といったように知り合いが増えていきます。その時も、台湾人の友達の友達十数人と、日本から旅行に来ていた初対面の友達の友達と、何だかおもしろい組み合わせで、ご飯を食べたりカラオケに行ったりすることになりました。

旅行から帰ってくると、SNSからすぐにLINEのやり取りが始まり連絡しあうようになりました。でもやっぱり、翻訳機能を使っても限界があり、自分の言葉で話したいと思うようになりました。

中国語圏の友達と仲良くするうちに

韓国留学の時の友達なのですが、台湾とシンガポールの友達とお互いの国の言語について質問したり、好きなドラマやアーティストについて話したり、交流していくうちに自然と中国語に興味が湧きました。韓国語がほとんど話せなかった時でも、漢字だけで意味が通じたときは本当にありがたかった。漢字ってこんなに便利なんだなと、改めて思った瞬間でもありました。

彼女が送ってくれたCDのおかげで、五月天が本当に好きになりました。それから、ほかのアーティストも聴くようになり、台湾ドラマや映画も観るようになりました。

実は文字フェチだった

自分でも最近気づいたのですが、漢字みたいな象形的な形や、注音やハングルみたいな記号的なデザインにどうしようもなく惹かれます。発音や響きが好きって方も多いと思うのですが、私はとにかく文字自体が好きなのです。

さいごに

中国語

理由はいろいろあるにせよ、やっぱり話したい!と思う気持ちが一番なんだと思います。ある時こんな話になりました。近い未来に翻訳や通訳の精度が上がり、そういった仕事はなくなってくるんじゃないか。語学を勉強する必要はなくなるんじゃないか。じゃあ、なぜ勉強を続けるの?と友人たちに訊ねたことがあります。その答えは「友達や大切な人と自分の言葉で話したいから」でした。私もいつか中国語で、自分の言葉で、気持ちを伝えられるようになりたいいというのは、中国語を学習する一つの大きな理由です。言語は意味を伝えるだけのツールじゃなく、ニュアンスや話し方、国の文化、歴史背景によっても、いろんな要素が組み合わさり、より多くの情報を伝えるものだと思います。それこそ、外国語を学ぶ面白さなのかなとあらためて思います。